CEEA × Malaysia

サバ州ってどんなところ?

地球儀
マレーシア地図

マレー半島の東沖に位置し、ボルネオ島の北側にあるサバ州。州都は「キナバル山のある町」という意味を持つコタキナバルです。
マレーシア最高峰のキナバル山があり、州の大半をジャングルが占める、美しいネイチャーリゾートシティとして「KK(ケーケー)」の愛称で親しまれ、世界中から観光客が集まります。

様々な環境問題

豊かな自然に恵まれたサバ州は、近年経済的にもめざましい発展を遂げています。人々の暮らしが便利になる一方、深刻な問題となっているのが環境問題です。

マレーシア CEEA@SABAH
大量に排出されるごみ

一つは大量に排出されるごみの問題。日本国内のように分別回収のノウハウがなく、資源として再利用されるものも含め、ごみとして出されたものはほとんどがごみ処理場へ運ばれます。処理場はごみの山として、衛生環境や周辺の治安などが問題視されています。そこで私たちCEEAは草の根技術協力事業(草の根協力支援型)において国際協力機構(JICA)の委託を受け、秋田市のごみ分別・回収の歴史やノウハウを基にコタキナバル市ごみ分別・回収ガイドラインの策定を行いました。

  • JICA草の根技術協力事業
    「コタキナバル市における廃棄物管理の改善」

    詳しく見る
JICA 草の根
地球温暖化に関する基礎知識と
取組の不足

もう一つの問題は、環境問題への意識の低さです。もともとが資源産出国であるマレーシアでは「節電」や「省エネ」への意識が希薄で、そういった環境教育を行う機会がありませんでした。日本で各都道府県・指定都市に設置され成果を上げている「地球温暖化防止活動推進センター」を設置し、キックオフを図りました。

  • 地球環境基金助成金事業
    「世界へ広がれ!日本のアクション
    “サバ州”STOP地球温暖化防止センター設立」

    詳しく見る

一般社団法人 あきた地球環境会議
〒010-0916 秋田市泉北1丁目12-31
Tel/Fax:018-874-8548

プライバシーポリシーお問い合わせ
Copyright c CEEA 一般社団法人 あきた地球環境会議. All Rights Reserved.